* kimonouza blog *

お知らせ・ブログ

☆単衣のお着物が店頭に入荷しました☆

お待たせいたしました。単衣のお着物・帯を入荷しました。

おかげさまで毎年この時期になると、単衣の入荷時期に関するお問い合わせを多く頂き、単衣の需要の多さを実感しております。
ここでご紹介できるのは入荷商品のごく一部ですが、 この他にも新古品などもご用意いたしております。
また、お召しになった後の汗とりや丸洗いなどのメンテナンスもお手ごろ価格でお受けいたしております。
数に限りがありますので、どうぞお早めにご来店ください。
また、ネットショップにも少しずつですが商品を載せておりますので、よろしければチェックしてみて下さいね♪


*写真は入荷商品のほんの一例です。 2017単衣店内画像 2017単衣商品画像

★第28回小江戸川越 春祭り★

今年も数える事28回、時 薫る街、川越に春祭りがやってまいりました♪

桜ももうすぐ満開です。期間も3/25(土)〜5/5(金曜、祝)まで開催予定で、春の舟遊、縁日、民踊大会、大茶会などのイベントが開催予定です。
今年も素晴らしい桜が見れるか楽しみです。 ぜひ着物姿で川越春まつりにいらしてください♪

2017春まつり

☆きもの右左で 「春のおしゃれきもの」 楽しんでみませんか。☆

寒い冬もいよいよ終わり、きものが着たくなる春がもうすぐそこまで来ています♪
きもの右左(uza)では春に良く合うぜんまい紬や春色小紋や紅花紬や長羽織など入荷しております。
きものから離れていた貴女、今年から着付け教室を始めた貴女、暖かくなったらきものをはじめようと思っていた貴女・・・
そんな貴女もきもの右左(uza)で「春のおしゃれきもの」を楽しんでみませんか。
※ポイント10倍キャンペーン中♪

2017きもの右左で春きもの

☆ 礼装用袋帯や名古屋帯を入荷しました。☆

寒い冬が続き、春の到来が待ち遠しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
さてきもの右左(uza)では、年も新たに商品もだいぶ入れ替わっております。またこの度、着物をはじめ人気の名古屋帯や礼装用袋帯が何点か入荷しており、ネットショップでもコーディネートと共にアップしておりますが、クウォリティーを重視するあまり完全に追いついておりません・・・(笑)。
数に限りがございますので、もしお探しの物がございましたら、どうぞお早めに店頭までご来店頂きごゆっくりご覧頂く事をお勧めいたしますw
まだまだ寒い日が続きますが、皆さま体調など崩されないようご注意くださいませ。

名古屋帯、礼装用袋帯入荷しました2017

年末・年始の営業時間のお知らせ

当店恒例のイベント、「紬フェア / 晴れ着フェア」もおかげさまで盛況の内、終了いたしました。
多くのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございました。

きもの右左(uza)では、これからも「すぐにお召し頂けるきれいで上質な着物」をコンセプトに、リサイクルでは探す事の難しい、大きめのサイズや新しいデザインのお品、新品未使用の着物・帯・和装小物をお手頃価格にて取り揃え、お客様のご来店お待ちいたしております。

年末・年始の営業時間

12月31日(大晦日)と、1月1日(元日)はお休みさせて頂きます。
1月2日(月)〜1月4日(水)は営業時間を12:00〜17:00までとさせていただきます。
1月5日(木)からは平常通り(11:00〜18:30)営業いたします。

年末年始2016〜2017

今年もきもの右左(uza)をご利用頂きまして誠にありがとうございました。
来年もきもの右左(uza)をどうぞよろしくお願い申し上げます。

おかげさまで10周年 「紬(つむぎ)フェア / 晴れ着フェア2016」のお知らせ

おかげさまできもの右左(uza)10周年、フェア開催のお知らせ

きもの右左(uza) 10周年 感謝祭フェア2016

◆ 紬(つむぎ)フェア 12月9日(金)〜12月13日(火)

全国の有名紬ほか、紬各種。帯、小物など

◆ 晴れ着フェア 12月16日(金)〜12月20日(火)
染めの着物を中心に、訪問着・附下・色無地・小紋、帯、小物など

トールサイズを多数ご用意しております。(お買い得商品もございます。)

2016フェア店内写真1 2016フェア店内写真2

きもの右左(uza)は、おかげさまでこの度、開店から10周年を迎えることが出来ました。

開店より「きれい」「上質」「リーズナブル」をテーマにお店づくりをすすめてまいりました。
そして現代にマッチしたシックでモダン、そして上品でおしゃれなお着物をモットーに、お客様それぞれに合った着物ライフを提案させて頂きました。
これもひとえに皆さまにお引き立て頂いた結果と、スタッフ一同感謝しております。
今年も、感謝の気持ちをこめまして「紬フェア/晴れ着フェア」を開催致します。

上質で綺麗な仕立て上がりの新品、新古品、アウトレット品、リサイクル品の着物や帯、その他の和装小物などを多数取り揃えてお待ちしております。(※ネットショップでは紹介しきれない商品も多数ご用意しております)
せひお誘い合わせの上、ご来店ください。(※フェアは店頭のみとなります)

そしてこれからのきもの右左(uza)をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

☆ とってもお得な 「わくわく川越商品券」を当店でご利用できます。☆

川越商品券

☆ 今年も当店で「わくわく川越商品券」(A券・B券の両方)がお使い頂けます ☆

10,000円で11,000円分のお買い物ができる大変お得な商品券です。
※川越市民以外の方もお使い頂けます

有効期限:
平成28年10月4日(火)〜平成29年1月15日(日)
発行券内容:
1冊10,000円(A券1,000円×8枚+B券500円×6枚=11,000円分)
A券(共通券)8枚
⇒取扱店であればどこでも利用できます。
B券(専用券)6枚
⇒大型店でのご利用はできません。

*当店ではA券・B券ともにご利用頂けます
平成28年度「わくわく川越商品券」について詳しくは公式ホームページをご覧ください。

☆袷、コート類入荷しました☆

ついこのあいだまでは残暑でしたが、9月も中旬になりだいぶ肌寒くなりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近は連続台風や雨ばかりの毎日で憂鬱になってしまいますね・・・

さて、きもの右左(uza)では、店内も単衣から袷に変わり、早くもコート類が入荷しております。
丈の長めのコート類も入荷しておりますが、ネットショップでも好評を頂いており、段々数が少なくなっております。
お探しの方がいらっしゃれば早めの準備をご検討下さいませ。

憂鬱な雨が早く過ぎ去ってもらい、着物日和の秋晴れが早く来てくれることを祈っております♪
皆様も急な気候変動に体調など崩しませぬようご自愛くださいませ。

着物右左(uza)秋着物

☆ 小江戸川越 百万灯祭り 宵の舞 ☆

先日、30日(土)31日(日)に開催されました、川越百万灯祭りは
お天気の心配はあったものの、2日間とも天候に恵まれ大きな中断はなく無事に終えることができました。

今年も去年に引き続き2日間で「佐渡おけさ」「西馬音内盆踊り」「越中おわら節」が行われました。その「宵の舞」の様子をyoutubeにアップしましたのでご覧頂ければ幸いです。



【佐渡おけさ】

新潟県は佐渡ヶ島で踊り継がれて来た歴史ある盆踊り。やはり哀愁を帯びた曲にあわせゆったりと踊る男踊り。他に相川音頭・相川甚句。
■両津甚句はこちらをクリック
■相川音頭はこちらをクリック
■佐渡おけさはこちらをクリック

【西馬音内(にしもない)盆踊り】

日本三大盆踊りの一つで、国の無形文化財にも指定されている秋田県羽後町の盆踊り。音頭と「がんけ」の二部構成に分かれており、衣装も踊りも歌の歌詞もユニークで、お盆の夜に亡者が現れたようなところから亡者踊りとも云われている。
■西馬音内盆踊り(音頭)こちらをクリック
■西馬音内盆踊り(がんけ)こちらをクリック


佐渡おけさ2016
西馬音内盆踊2016

【越中おわら節】

富山県八尾で9月初めに踊られる盆踊りで、「おわら風の盆」として有名。すすり泣くような胡弓の音色と三味線の奏でる哀愁を帯びた曲調に合わせ優雅に踊る盆踊り。
■動画はこちらをクリック
■動画はこちらをクリック
■動画はこちらをクリック


おわら風の盆2016
おわら風の盆2016-2

☆結城紬をみに結城市へ☆

本格的な夏を向かえ皆様いかがお過ごしでしょうか。きもの右左(uza)では盛夏のお着物から徐々に秋単衣、袷へと移行しております。
さて日ごろブログではなかなか載せることができない、私次男のプライベートでの内容についてたまには載せてみたいとおもいます。
プライベートといってもお着物に関係のある内容ですよ。先日22〜23日にかけて栃木県の湯西川温泉に行きその帰りに、茨城県の結城市に寄ってみました。
結城といえば皆さん着物好きなら誰しも知っている「結城紬」で有名ですね。今回は結城の里で「機織(はたおり)体験、コースター作り」と帰りに「奥順さん」によって来たので、簡単にレポートしたいと思います。

結城の里でのコースター作り体験

結城の里にお邪魔したのは、コースター作りが体験できる為、うちの嫁が楽しみにしており早速コースター作りを教わりながら開始。
まず大変なのはコースターの端を綺麗に揃える事。私のはガタガタでお話になりません・・・、嫁のは綺麗にそろっております。
また私は足の組み換えで綾織状にするのと、機を打ち込むので頭がいっぱいで、所どころで横糸を通すのを忘れ更にガタガタですw
ともあれ無事に2セットを製作しました♪(1人2セットで1500円)。近くでは30代くらいの女性1人が黙々と半幅帯を織っておりました。
女将さんと着物話に花を咲かせていると、奥の部屋へ通され、なんとそこには本結城の反物が無造作に置かれているではありませんかw
その中にはいしげ結城も。まあ私も仕事柄本結城は稀に見ることがありますが、ここまでたくさん無造作おかれるとなんだか、大したことないように錯覚してしまいますが。・・・w
その後女将さんに奥順さんの場所を案内頂き、結城の里を後に…

奥順さんでの結城博物館

奥順さんの結城紬の資料館にはユネスコ文化遺産にも登録された「本場結城紬」の資料や制作現場をあらわす人形などがあり、世界の結城紬の手仕事がいかにすばらしいかが伺えます。
二階には本結城の反物が所せましとならんでおり、100亀甲絣のものや、幻の結城紬の縮織などが展示されております。また帯を合わせモダンなコーディネイトも。

奥順さんでの結城博物館

そんな資料館のとなりの母屋でもはたおりの機械が並んでおり、その脇では夏の草木染め体験が行われておりました。その傍らでは澄んだ水に揚羽蝶がひらひらと舞い降り水を飲むひとときも・・・
鬼怒川から流れる澄んだ水を元にここ結城市一帯では、1500年以上もまえから、変わらぬ技法で先人達の手によって結城紬が大切に受け継がれてきたことを誇らしげにおもいます。そしてこのような世界に誇れる日本の伝統工芸がこれからも日本の地で永年つづいていけるよう強く願う、そんな今回の旅でした。
みなさんも是非機会があれば一度、着物のふるさと巡りをしてみてはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれませんよ。

 前のページ

1 / 13 pages

次のページ >>